Risk Consultingリスク

情報収集、財務分析、市場分析などの各要素を基にあらゆるリスクを客観的、定性・定量的に可視化することにより、経営戦略の策定および実施を支援

経営戦略としてのリスクマネジメントを

PwCにおけるリスクコンサルティングは、リスク管理をあらゆる企業の経営戦略の根幹と捉えてサービスを提供しています。戦略策定や事業運営にかかわるデータを収集し、定性・定量的な分析技術を最大限活用し、リスクを把握・可視化した上でクライアントのビジネスで本当に役に立つ施策を提案・実行することを目指します。 これにより単なる財務的なコーポレートアクションにとどまらず包括的な企業戦略そのものに対するサービス提供をカバーすることになります。 企業買収を伴う発展途上国を含む海外市場進出の増加、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に代表される国際的な事業法制の展開、中国経済や、トランプ政権下の米国などを含む地政学リスクなど日本企業を取り巻くリスクが多様化する中でクライアントからの期待、ビジネスの機会が急速に拡大しています。

リスクマネジメントとしてのグローバルインテリジェンス

経営から求められるリスク管理を実施するため、PwCでは「リスクの可視化・定量化」「分析」「提言」というコンサルティングの一要素として「グローバルインテリジェンス」を提供しています。経営者が重要な意思決定をする際、必ず判断根拠となる情報に依拠することから、最新かつ正確で関連性の高い情報の提供は、より良い経営選択を行うことに直結します。PwCではグローバルに何百万とあるソースから複雑な情報やデータの集約および徹底的な分析を行い、クライアントが最高の結果を導き出すための洗練された情報(インテリジェンス)を提供します。求められる情報は新規市場への進出、戦略の再構築、他社の買収、主要人材の雇用、新規事業の検討、危機的状況への対処など、非常に多岐にわたるため、幅広い分野のプロフェッショナルが期待されます。

幅広い情報から客観的、定量的分析に基づく戦略提言を目指す人を

PwCのリスクコンサルティングはプロフェッショナルによる情報収集、財務分析、市場分析などを基に、あらゆるリスクを客観的、定性・定量的に可視化することにより、経営戦略の策定、実施を支援することを目指しています。幅広いエリアへの関心、語学力、情報分析、数理統計などなにか「強み」をもち、その知見、興味をグローバル経営戦略、リスクマネジメントに生かしたいという強い意志をもったメンバーのさらなる参加を期待しています。