Leaders Messageリーダーメッセージ

ダイバーシティ推進パートナーからのメッセージ

木村 弘美(ダイバーシティ推進担当パートナー)

違いを受け入れ、多様性を生かす組織に

PwCはダイバーシティ & インクルージョンについて
「PwCがダイバーシティ&インクルージョンの最も革新的で先進的な企業となり、経営課題であるダイバーシティをビジネスチャンスへと変えていく」というVisionを掲げています。
私たちもこのVisionに基づき、パートナーとのラウンドテーブルやUnconscious Biasのワークショップなど「違いを理解する」ためにさまざまな活動を推進してきました。また、ダイバーシティ推進の一環として人事制度改革やFWA (Flexible Work Arrangement) などライフステージに合わせて柔軟な働き方を可能にする仕組みを構築してきており、女性に限らずこうした仕組みを活用するメンバーが拡大しています。
しかしながら、ダイバーシティとしての取り組みはこうした制度や仕組みの改革だけでは十分とは言えません。私たちはさらに次のステージとして「多様性を生かす文化/組織の実現に向けて」、復職後のキャリア形成など長期的な視点でPwCの戦力になっていただけるような文化と環境作りを目指しています。

ダイバーシティのトレンドと
PwCコンサルティングの取り組み

佐々木亮輔 (ダイバーシティ推進担当パートナー)

多様性のある企業であることと、多様性を機能させることには大きな違いがあります。つまり、文化的理解、グローバルマインド、世代間理解、ジェンダーに関する良識や横断連携といった感覚を培い、ダイバーシティを成果や業績に転換するのです。 「PwCのダイバーシティの歩み~インパクトの創造と成果の実現~」と題するレポートでは、PwCにおけるダイバーシティ&インクルージョンの取り組みから確立した私たちの経験とアプローチを紹介して、ソリューションをクライアントに提供することで、ダイバーシティの真価を市場全体に広げる活動に海外PwCとの協働で注力しています。 社内では、生産性向上、柔軟な働き方、ジェンダーや世代ギャップの検討とダイバーシティ研修やHeForShe活動を推進するタスクフォースが現場を盛り立てています。PwCコンサルティングという場でダイバーシティの真価を共に実現してゆきましょう。