Nationality & Culture国籍や文化を超えたダイバーシティの推進

Diversity Team 4: 国籍や文化を超えたダイバーシティの推進

活動の目的

PwCコンサルティングのスタッフ全員が国籍や文化を超えて高いパフォーマンスを発揮できるよう、課題意識や関心の高いスタッフを中心としたチームが月次で集い、課題設定や解決策を検討しています。

これまでの活動成果

PwCコンサルティングでは、海外オフィスからの出向者や日本で採用された外国人スタッフの方も多数働いています。多くの方は日本で働く経験が初めてだったり、場合によっては日本語を話せない方も少なくありません。こういった方が、どのようなことに困っているか、何がパフォーマンスの発揮を阻んでいるかを、外国人スタッフや受け入れ側の日本人マネージャーに対してインタビューやアンケート調査を行いました。ここから明らかになった課題に対して、チーム内で具体的な打ち手を討議し、最終的には人事部門への提言という形で取りまとめを行いました。
チームメンバーが半分以上外国人で構成されているので、討議が英語ベースであったり、メンバーの思考や合意形成プロセス自体が、既に国籍・文化を超えたダイバーシティマネジメントであったりと、日本人・外国人メンバーそれぞれにとって良い学びの機会となっていると感じています。

今後の取組内容

現在は、昨年度とりまとめた提言の中から、新たにPwCコンサルティングに来られた外国人スタッフを対象としたバディプログラム(※)の企画の検討を進めています。実際には、具体的なプログラム・コンテンツをデザインし、人事など関連する部門と協働しながらパイロットまでを、このチームで行っています。
業務外のボランティアベースのチームですので、普段の仕事の職位などを離れてフラットな議論をしています。サブチームでは、やる気のある若手にリーダーシップ経験を研鑽する場として活躍してもらっていますが、今後も(自分を含めた)個々のメンバーが楽しみながら成長できることを第一に考えていきたいです。
※日本で初めて働く外国人スタッフと、業務上関わりのない日本人スタッフをペアリングし、仕事や生活についての相談相手となってもらうプログラムとして検討している。