Our People社員紹介

Consumer Services


マネージャー 

これまでのキャリアと現在の仕事

大学院卒業後、新卒で外資系コンサルティング会社に入社し、その後2012年にPwCに入社しました。

前職のコンサルティング会社では、中央省庁、地方自治体、独立行政法人、民営化企業等をクライアントとし、将来構想策定、業務最適化(BPR)、システム導入支援、ビジネスプロセスアウトソーシング等、様々な領域のプロジェクトに従事しました。PwCでは、クライアントの幅を広げ、商社、アパレルブランド、広告代理店等に対し、顧客関係管理(CRM)、業務効率化支援等に従事してきました。

昨年、出産を経験し、復職後は再び官公庁をクライアントとして、政府の働き方改革に関連し、全国の中小企業にパートタイム労働者の活用や多様な正社員の導入を支援するプロジェクトに従事しています。

自分自身の働き方も出産以前とは異なる中で、日々、現場での貢献の仕方、今後のキャリア構築の方向性を模索しながら取り組んでいます。


新たなチャレンジを求めて選んだPwC

前職において、官公庁に対し様々なプロジェクトを経験してきたわけですが、経験を積むとともに、徐々にクライアントやプロジェクトの内容、一緒に働くメンバーが固定化されていくとともに、やりがいは常にあるものの、仕事としての面白さやチャレンジといった側面が薄れていくのを感じ、コンサルタントとして新たな環境で新たな経験を積みたいと思うようになりました。また、外資系コンサルティング会社ではありましたが、グローバルでの経験機会があまりなかったため、よりグローバルな環境に身を置きたいとも思っていました。

PwCの面接でこうした思いをお話した際、バックグラウンドに固執せず、グローバルも含め新たな経験を提供できるという言葉を頂き、人材活用に関する柔軟性と懐の深さを感じて入社を決めました。


本人次第で様々なチャンスを与えてくれる環境

実際に入社して驚きましたが、面接でのリップサービスではなく、前職での経験を活かしつつも、本当に新たな業界のクライアント、新たなコンサルティング領域のプロジェクトを多数経験できました。加えて、転職後まもない頃からプロジェクトを進める中で海外のPwCと連携して推進したり、プロジェクト外では1週間の海外でのトレーニングに参加する等、グローバルネットワークの中にあるPwCJapanを感じることもできました。

新しいことへの挑戦は時に非常にチャレンジングでもありましたが、面白く、やりがいのあるもので、一歩一歩自身の経験・知見の広がりやスキルアップを実感しています。

また、育児休業からの復職に際しても、時間に制約がある中で現場に復帰することができ、改めて、制度・人事管理という意味でも、一緒に働くメンバーという意味でも、PwCには本人の意思を尊重し、様々な機会を与えてくれる会社だと実感しています。